レーシックのリスク

レーシックで視力が回復する?

視力を回復させることができるレーシック手術。
近年は、レーシックの手術機器も大きく進歩し、
より安全で、より効果の高いレーシック手術が受けられるようになっています。
めがねやコンタクトレンズで視力矯正をする際は色々不便なこともありますから、
裸眼生活を手に入れることができるレーシックに強い憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

 

さて、実際にレーシックを受けると、どのくらいの人が視力を回復できるのでしょうか。
100%ならとても嬉しいのですが、実際には、「90%以上」という数字が出ています。
残りの10%未満の人は、レーシック手術を受けても効果が得られなかったりするのですね。
後遺症としてしばらくまぶしく見えたり、ドライアイを感じる事もあるようなので、
やはりレーシック手術に踏み切るには、勇気と覚悟がいるのかもしれません。

 

ですが、思った以上に見えるようになったという人もいます。
レーシック手術を受けてから、視力UPを実感するまでの日数にも個人差があり、
翌日から、はっきり見えるようになった!と大喜びの人もいますし、
3ヶ月くらいして見えるようになってきたという人もいます。
手術を受けて、すぐ視力が戻らなかったとしても、あまり落ちこまないように、
しばらく様子を見ることが必要ですね。
そして、術後の様子についても、しっかりアフターフォロしてくれる眼科医でレーシックを受けることが大切です。
視力が戻らなかったら、不安になる事も多いでしょうから、
眼科医に色々相談したいですよね。

 

健康関連の最新情報

亀頭増大方法

亀頭を増大させることでペニスにとって本当にたくさんのいいものを得ることが出来るのです。ペニスには悩みというものがつきものなのですが、そのペニスの悩みを一発で解決してくれるのが、この亀頭増大方法なんですね。亀頭を大きくすることによって、一体どんなことが得られるのでしょうか。今日はそのことについて話をしていこうかと思っているので、もしペニスについて悩みを持っているという人がいるのであれば、ぜひとも今日はこの記事を読んでいってほしいと思っております。
続き⇒ 亀頭増大方法を詳しくまとめました

 

ワキ脱毛サロンで施術を受けた後は、必ずアフターケアを行います。どんなに技術のあるエステティシャンが施術をしたとしても、どうしても施術後は肌が軽いやけどを起こしている状態になってしまいます。ですから、アフターケアをしなければ肌トラブルを起こしてしまったり、火傷のあとが残ってしまう恐れがあります。
美しくなるためにワキ脱毛サロンに通っているのに、肌トラブルを起こしてしまうと、精神的にも肉体的にも辛くなります。
続き⇒ ワキ 脱毛

 

善玉コレステロールは、正しくはHDLのことです。このHDLは、体内に存在する不要なコレステロールをかき集めて、肝臓へと運搬する作用を持っています。また、血管壁にこびりついたコレステロールも回収しますので、動脈硬化を予防する効果もあります。悪玉コレステロールと善玉コレステロールは全く逆の方向に作用していますが、悪玉コレステロールを抑制するばかりではなく、善玉コレステロールも程よく摂取しなければなりません。もし、悪玉コレステロールが体内で増加してしまっても、善玉コレステロールの作用により余分なコレステロールを回収できれば問題はありません。善玉と悪玉がバランスよくなることで、健康な身体を維持できます。
続き→ 肝臓のサプリ

クレンジングで目元のメイクオフ

メイクで最も濃い部分は目元でしょう。そして顔の皮膚の中で目元が最も薄い皮膚になります。そのため、デリケートで肌トラブルも起こりやすいパーツになります。

 

アイメイクを顔と同じクレンジング剤を使ってマイク落としをしているのではないでしょうか。できれば目元は目元専用のクレンジング剤を使用したほうがよいでしょう。顔と同じクレンジング剤を使用すると、目元に強い刺激を与え負担にもなります。またクレンジング中、マスカラを落とすために目をゴシゴシと摩擦させながらこすっているのではないでしょうか。目元の皮膚は薄いので、摩擦とクレンジング剤の刺激に耐え切れなくなり、シミやシワなどの老化の原因にもなります。また目元が黒ずみ色素沈着も起こします。

 

目元のメイクは目元専用のクレンジング剤をコットンなどにたっぷりと染み込ませます。そして目元に置き数十秒待ちましょう。メイクの汚れが浮き出てきます。そしたら優しくソッと拭き取りましょう。落ちが悪いからといって、ゴシゴシこするのだけはやめましょう。その時は、メイクが浮き出るまでもう少し待ちましょう。
また目元クレンジング剤は洗浄力が強く、肌に与える刺激も強いので目元のみに使用にしましょう。顔全体に使用するのは危険でしょう。

 

しかし基本的には、できるだけクレンジングは素早く行なったほうがよいです。クレンジング剤を肌の上に長く乗せておかないほうがよいでしょう。クレンジング剤の存在だけで肌には刺激を与えています。短時間に優しく行なうことがポイントになります。
参考サイト:炭酸クレンジング ランキング

レーシックのリスク

レーシックを受ける人は、年々増えています。
レーシック手術を受けることで得られるメリットが大きいので、
手術を考え、実際に手術をうけることが多いのですが、やはりリスクもあります。

 

レーシック手術を受ける場合のリスクとは、「失明」、「合併症」、「後遺症」などがあります。

 

レーシック手術は、今までに失明するような事故が起きていないため、
「失明することはない」といわれていて、安全性が高い手術であると話題です。
ですが、感染症などを起こしたりした場合、失明する危険性もありますし、
術中に想定外のことが起きた場合は、失明するかもしれません。
失明のリスクはゼロであるとは言い切ることはできません。
ただ、日本でも海外でも、レーシックによる手術はほぼ100%の確率で、
失明することはないといわれています。

 

しかし、レーシックによる合併症や後遺症は多くの人にみられます。

 

レーシック手術を受けた後は、ドライアイに数ヶ月悩まされることもありますし、
めまいや頭痛などの合併症を起こすこともあります。
また、ハロ・グレア現象と言って、視界がぼやけてしまう(ハロ現象)や、
光をとてもまぶしく感じる(グレア現象)が起きる事も少なくありません。
このような合併症や後遺症は、一時的なもので、
数ヶ月経つと自然に治っていくことが多いのですが、
稀に、症状が続いてしまう人もいます。

 

さらに、見え方が手術前よりも悪くなってしまう人もいます。
乱視や視界のかすみが起きてしまう症状です。
このようなことは、確率的には少ないのですが、リスクとして上げられるので、
レーシック手術を検討する際には、頭にいれておきましょう。

更新履歴