レーシックのリスク

レーシックのリスク

レーシックを受ける人は、年々増えています。
レーシック手術を受けることで得られるメリットが大きいので、
手術を考え、実際に手術をうけることが多いのですが、やはりリスクもあります。

 

レーシック手術を受ける場合のリスクとは、「失明」、「合併症」、「後遺症」などがあります。

 

レーシック手術は、今までに失明するような事故が起きていないため、
「失明することはない」といわれていて、安全性が高い手術であると話題です。
ですが、感染症などを起こしたりした場合、失明する危険性もありますし、
術中に想定外のことが起きた場合は、失明するかもしれません。
失明のリスクはゼロであるとは言い切ることはできません。
ただ、日本でも海外でも、レーシックによる手術はほぼ100%の確率で、
失明することはないといわれています。

 

しかし、レーシックによる合併症や後遺症は多くの人にみられます。

 

レーシック手術を受けた後は、ドライアイに数ヶ月悩まされることもありますし、
めまいや頭痛などの合併症を起こすこともあります。
また、ハロ・グレア現象と言って、視界がぼやけてしまう(ハロ現象)や、
光をとてもまぶしく感じる(グレア現象)が起きる事も少なくありません。
このような合併症や後遺症は、一時的なもので、
数ヶ月経つと自然に治っていくことが多いのですが、
稀に、症状が続いてしまう人もいます。

 

さらに、見え方が手術前よりも悪くなってしまう人もいます。
乱視や視界のかすみが起きてしまう症状です。
このようなことは、確率的には少ないのですが、リスクとして上げられるので、
レーシック手術を検討する際には、頭にいれておきましょう。

 

大阪でレーシックを受けるときの参考サイト⇒ 大阪レーシック

レーシックで視力が回復する?

視力を回復させることができるレーシック手術。
近年は、レーシックの手術機器も大きく進歩し、
より安全で、より効果の高いレーシック手術が受けられるようになっています。
めがねやコンタクトレンズで視力矯正をする際は色々不便なこともありますから、
裸眼生活を手に入れることができるレーシックに強い憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

 

さて、実際にレーシックを受けると、どのくらいの人が視力を回復できるのでしょうか。
100%ならとても嬉しいのですが、実際には、「90%以上」という数字が出ています。
残りの10%未満の人は、レーシック手術を受けても効果が得られなかったりするのですね。
後遺症としてしばらくまぶしく見えたり、ドライアイを感じる事もあるようなので、
やはりレーシック手術に踏み切るには、勇気と覚悟がいるのかもしれません。

 

ですが、思った以上に見えるようになったという人もいます。
レーシック手術を受けてから、視力UPを実感するまでの日数にも個人差があり、
翌日から、はっきり見えるようになった!と大喜びの人もいますし、
3ヶ月くらいして見えるようになってきたという人もいます。
手術を受けて、すぐ視力が戻らなかったとしても、あまり落ちこまないように、
しばらく様子を見ることが必要ですね。
そして、術後の様子についても、しっかりアフターフォロしてくれる眼科医でレーシックを受けることが大切です。
視力が戻らなかったら、不安になる事も多いでしょうから、
眼科医に色々相談したいですよね。

 

更新履歴